自費負担0円の選挙ポスター(公費負担)の製作について

わからないことがあれば、電話でご質問ください。

以下の6つのサンプルから選んで頂くか、誰か他の政治家の方のポスターで参考になるもので、こういうデザインにしてほしいという希望があれば、下のお申し込みフォームにご記入くださいませ。


サンプル1
ポスターをクリックすると拡大

サンプル2
ポスターをクリックすると拡大

サンプル3
ポスターをクリックすると拡大

サンプル4
ポスターをクリックすると拡大

サンプル5
ポスターをクリックすると拡大

サンプル6
ポスターをクリックすると拡大

ほとんどの市や区では、選挙ポスターは、自費負担0円で作ることが出来ます。(町や村でも、公費負担の条例があるところがあります) 料金は、選管から、業者に直接支払われます。

この仕組みは、供託金没収ラインを超えた場合に利用できます。 供託金没収ラインは、普通市の市議選の場合は、有効投票総数 ÷ 議員定数 ÷ 10 です。

人口15万人の市で、有権者が10万人いたとして、投票率が50%だった場合に5万人が投票しますが、有効投票総数が5万票で、その市の議員の定数が20人だった場合は、

有効投票総数5万 ÷ 議員定数20 ÷ 10 = 250票 が供託金没収ラインになります。

供託金没収ラインを超えない場合は、公費負担は全て自己負担になり、供託金も没収されます。


その公費負担の、自費負担0円の選挙ポスターを私にご依頼いただけないでしょうか?

私は、今、体調不良(自律神経失調症)で、選挙ポスターのデザインや印刷を行う責任をもって最後まで行う事が出来ません。 ですので、まず私が受注して、全ての業務を

選挙ポスター印刷専門店 
ユポタック普通インキ 6001
ユポタック普通インキ 6001A3選挙ポスター 普通インキ ユポタック 中6日発送

こちら↑のスキット株式会社(senkyoposter.net 選挙ポスター専門店)さんに外注いたします。

スキットさんは、

選挙ポスター印刷専門店 
A3選挙ポスターデータ制作 0106
A3選挙ポスターデータ制作 0106選挙用 A3ポスターデータ制作

コチラ↑のページで、選挙ポスターのデザインを行っています。

上に挙げた2つのページの「A3ポスター印刷&公費負担書類の申請サポート」と「デザイン(ポスターデータ制作)」のサービスを利用してポスターを作りませんか?

公費負担ポスターは、最初に説明している通り、自費負担無料で作れます。(お客様が供託金没収ラインを超える限り自費負担は発生しませんが、公費負担で35万円程度でポスターを作らせて頂きます。)

ですので、まずは、

お客様から私に御依頼を頂く

私がスキット様に依頼し(私がスキット様に)料金を支払う

スキット様の「デザイン担当」と「印刷担当」と「公費負担担当」の担当者の方から、お客様へご連絡をして頂くように、私がスキット様にお願いする。

スキット様とお客様で、選挙ポスターを作り上げて頂き、公費申請書類も作り上げて頂く。(公費申請料金は35万円程度ですが、応相談です)

選挙でポスターを使って、当選して頂く(もしくは負けたとしても、供託金没収ラインを超えて頂く。 超えられない場合は、全額自費負担になります)

選管からスキット様に35万円程度の公費が支払われる(およそ選挙の1~3カ月後)

スキット様から私に「企画費」として料金が支払われる


わからないことがあれば、電話でご質問ください。
PAGE TOP